気持ちが変われば、とらえ方も変わる?

こんにちは、梶原しげこです。

私はあるコミュニティに
所属しています。
心理学やビジネスを
学ぶコミュニティです。

 

そこである投稿がありました。

 

「主催者に感謝する
グループを作ろう」

 

なんだ、それ?

 

「感謝すればするほど、
主催者は力を発揮する。
だから皆で感謝を述べよう」

 

だって。

 

その時、私の中からいらだちと
なんだかわからない感情が
わいてきました。

 

「ゴマすり!!
そんなことまでして気に入られたいの?」
そんな言葉が頭に浮かびました。

 

そして多くの人が次々に
グループに参加していきました。
その姿を見て、一層心がざわついたのです。

 

私は媚びへつらいたくない。
そんな私にはならない。

 

でも一方では参加しないと
どう思われるんだろう?
という人の目を気にする私がいました。

 

しげこさんは参加していない。
主催者の人はどう思う?
他の人はどう思う?

 

誰もそんなこと気にしていない。
そもそも誰が参加したか、
していないかなんて、わからない。
と思いながらもやはり気になりました。

 

もやもやとこんがらがった気持ちが続いて、
仕事がはかどらない。
やらないといけないことが山積みなのに・・・

 

そこで思い切って、散歩に出ました。
海のそばに行こうか、
桜を見に行こうかと迷って、
車を走らせ、疎水のそばに

桜並木のあるところへと向かいました。

風が冷たかったですが、
桜や雪柳がきれいに咲いていました。

 

そこのベンチに座って
雲をながめて息をついて・・・

 

そうしている間に
どれくらい時間が経ったのでしょう。
自然の心地よさに体も心も力が抜けて、
心は次第にほどけていきました。

 

水の流れ、
風の冷たさ、
揺れる桜。

 

そしてオフィスに戻るころには、
もう心は落ち着いていました。
仕事に集中することができました。

 

そして一段落して、
もう一度投稿を見ました。

 

「主催者に感謝するグループを作ろう」
「感謝すればするほど、
主催者は力を発揮する。
だから皆で感謝を述べよう」

 

あれっ?
どういうことでしょう。
何かが違うのです。

 

「感謝すればするほど、
主催者は力を発揮する。
だから皆で感謝を述べよう」

 

最初に感じた「ゴマすり!!
そんなことまでして気に入られたいの?」
という言葉はどこかに消え去り、
代わりに
「まあ、ちょっとのぞいてみよう」
という言葉が浮かんできました。

 

するとどうでしょう!!
グループに参加してみると、
結構この取り組みいいじゃない
なんて思ってしまう自分がいたのです。

 

感謝する
→主催者喜ぶ
→パフォーマンス上がる
→メンバーへのフォロー冴える
→メンバー喜ぶ
→メンバー成果が上がる
→感謝する
→主催者喜ぶ
→グルグルと良い循環が生まれる。

 

なんて素晴らしいアイディア!!

 

って、出来事は全く変わっていないのに、
私が感じることは
180度変わっていたのです。
(まあ、実際鼻につく
ところもあったのですが・・・汗)

 

一体私の中で何が起こったのでしょう?

 

最初、投稿を見た時と、
後で投稿見た時、
内容は一緒です。
だけどその同じものに対しての
とらえ方が180度変わったのです。

 

じゃあ、なぜ?

 

そうです。
私の気分が、
私の心の状態が、
私の体の状態が、
前と後ではずいぶん
違ったからです。

 

前は仕事に追われて疲れて
イライラしていました。
後は散歩に行ってすっきり
楽になりました。

 

そうなのです。
同じ物事でも、
その時の気持ち、状態、状況によっても
ずいぶんと違って見えるものです。

 

あなたも目の前に何か嫌なこと、
気に入らないことがあったら、
一度距離をおいて、
自分がほっとすること、
心地よいことに
身をおいてみるのはいかがですか?

 

きっと少しはとらえ方が
変わるのではと思います。
ぜひ、試してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です